アップデート情報

【EP6】4月24日に実施されるバランス調整の内容まとめ

4月24日に配信予定となっているEP6と同時に実施される『バランスの調整』についてまとめました!

今回のバランス調整は「スキル」「PA」「テクニック」「新リング」と内容が多岐にわたります。ゲームの根幹に関わる部分なので、しっかり把握しておきたい部分ですね!調整内容については、この記事を見れば全てわかると思うので参考にしていただけたらと思います^^

ハンターの調整

ハンターの調整内容は大きくわけて『クラススキル』『各種PA』の2つ。

サブクラスとして使う場合は影響ないと思いますが、メインクラス専用スキルに調整が入るので、メインHuを使う方は要チェックです!

クラススキル

調整されるスキル
ウォーブレイブ ハンターギアブースト
ガードスタンスアドバンス チャージパリング

レベル上限が緩和されることで、以下のスキル全て使用している場合はSPが最大12浮く計算になります。

SPに余裕ができるだけでなく「ガードスタンスアドバンス」の効果時間が伸びることにより、ガードスタンス型でも戦いやすくなりますね!

ウォーブレイブの調整

  • レベル上限を5→1に変更。それに伴う効果値の調整。
  • 効果時間を上方修正。

ハンターギアブーストの調整

  • レベル上限を5→1に変更。それに伴う効果値の調整。

ガードスタンスアドバンスの調整

  • 効果時間を上方修正。

チャージパリングの調整

  • レベル上限を5→1に変更。それに伴う効果値の調整。

ソード

調整される項目
ノヴァストライク

ソードPAで調整されるのは「ノヴァストライク」のみですが、大分使いやすくなりそうな調整内容になっています!

上下方向に範囲が広がるだけでなく、ヒットストップやキャンセルタイミングが緩和されているので機動力もあがりそうですね^^

PA「ノヴァストライク」の調整

  • チャージしていない場合の威力を上方修正。
  • 上下方向の攻撃範囲を上方修正。
  • 攻撃を当てた際の吹き飛ばし効果を軽減。
  • ヒットストップ時間を緩和。
  • ジャストアタックタイミングを緩和。
  • チャージした場合のガードキャンセルタイミングを緩和。
  • チャージした場合のステップキャンセルタイミングを緩和。
  • チャージした場合のジャンプキャンセルタイミングの緩和。

ワイヤードランス

ワイヤードランスは、PA以外でちょっとだけ上方修正されます。

  • 通常攻撃3段目の威力を上方修正。
  • ステップアタックの威力を上方修正。

パルチザン

調整される項目
通常攻撃 スライドシェイカー
スピードレイン ライジングフラッグ零式
ピークアップスロー ティアーズグリッド

通常攻撃の調整

  • 地上で攻撃を行った際の旋回速度を上方修正。
  • 地上で攻撃を行った際のガードキャンセルタイミングを緩和。

PA「スライドシェイカー」の調整

  • 威力を上方修正。

PA「スピードレイン」の調整

  • 威力を上方修正。

PA「ライジングフラッグ零式」

  • パルチザンギアを消費するタイミングを調整。
  • 発動時に旋回ができるように調整。
  • 移動中に前方ガードポイントを追加。

PA「ピークアップスロー」の調整

  • 威力を上方修正。

PA「ティアーズグリッド」の調整

  • 威力を上方修正。
  • 威力配分を調整。

その他のPA

以下のPAにおいて、レベル1〜16の威力を上方修正。

対象となるPA
ソードPA
ライジングエッジ ツイスターフォール
ノヴァストライク ライドスラッシャー
オーバーエンド スタンコンサイド
ソニックアロウ ギルティブレイク
サクリファイスバイト
ワイヤードランスPA
バインドスルー グラップルチャージ
ヘブンリーフォール アザーサイクロン
アザーサイクロン零式 アザースピン
ホルディングカレント サーベラスダンス
サーベラスダンス零式 カイザーランズ
パルチザンPA
ライジングフラッグ ライジングフラッグ零式
トリックレイヴ スライドエンド
アサルトバスター バンタースナッチ
セイクリッドスキュア

ファイターの調整

ファイターの調整内容は少ないです。

他の武器のPAもそうなのですが、以前放送でLv17とLv16の威力の差があるので、Lv16以下を上方修正すると言っていました。ファイターはそれだけと言った感じですね!

PAの調整

以下のPAにおいて、レベル1〜16の威力を上方修正。

対象となるPA
ツインダガーPA
レイジングワルツ シュートポルカ
ワイルドラプソディ クイックマーチ
シンフォニックドライブ オウルケストラー
ダブルセイバーPA
トルネードダンス トルネードダンス零式
シザーエッジ ランブリングムーン
イリュージョンレイヴ フェイクキャプチャ
サプライズダンク デッドリーアーチャー
アクロエフェクト デッドリーサークル
デッドリーサークル零式
ナックルPA
ダッキングブロウ フリッカージャブ
ペンデュラムロール スライドアッパー
スライドアッパー零式 ストレイトチャージ
クエイクハウリング サプライズナックル
フラッシュサウザンド バックハンドスマッシュ
メテオフィスト

レンジャーの調整

レンジャーの調整内容です。

「アサルトライフル」と「ランチャー」ともに、PAの調整がメインとなっています。ちなみに、ライフルはガンナーのサブウェポンとしても使ったりするので、ガンナーさんも要チェック!

アサルトライフル

調整される項目
通常攻撃 ピアッシングシェル
グレネードシェル ワンポイント
ディフューズシェル インパクトスライダー

ライフルの調整は、主に「威力上方修正」や「空中での攻撃時の落下タイミングの緩和」となっています。

高度を維持しての戦闘がやりやすくなるかもしれませんね^^

通常攻撃の調整

  • 通常攻撃の3段目において、空中で攻撃を行った際の落下タイミングを緩和。

PA「ピアッシングシェル」の調整

  • 空中で攻撃を行った際の落下タイミングを緩和。

PA「グレネードシェル」の調整

  • 空中で攻撃を行ったさいの落下タイミングを緩和。

PA「ワンポイント」の調整

  • 威力を上方修正。
  • 空中で攻撃を行った際の落下タイミングを緩和。

PA「ディフューズシェル」の調整

  • 空中で攻撃を行った際の落下タイミングを緩和。

PA「インパクトスライダー」の調整

  • 威力を上方修正

ランチャー

調整される項目
コンセントレイトワン クラスターバレット
クラッカーバレット フレイムバレット

ランチャーも威力の上方修正を中心に、一部「射程距離の延長」といった調整も入ります。

PA「コンセントレイトワン」の調整

  • 威力を上方修正。

PA「クラスターバレット」の調整

  • 威力を上方修正。

PA「クラッカーバレット」の調整

  • 射程距離を延長。

PA「フレイムバレット」の調整

  • 威力を上方修正。

テクターの調整

テクターの調整内容です。少ないけど、大きな調整内容!

ウォンド

ウォンドの「通常攻撃」と「ステップアタック」のモーション速度が上昇します!

それに伴い潜在やSOPの調整も入りますが、現時点で一番モーション速度の速い『ラヴィス=カノン』は変わらない調整となっています。

調整内容
  • ウォンドの通常攻撃をステップアタックにおいて、モーション速度を上方修正。
  • 上記の変更に伴い、潜在能力「未知なる魔杖」とSOP「S4:短杖強打」の効果を調整。

モーション速度の速い順に並べると以下のようになります。

  1. ラヴィス=カノン
  2. 「S4:短杖強打」のアトラ&イクス
    (ラヴィスと修正後のウォンドとの間で少し上げる)
  3. 通常のウォンド
    (修正前の「S4:短杖強打」まで底上げされる)

(※通常のウォンドのみ底上げと記載していましたが、正しくは「通常ウォンド」と「S4:短杖強打」の両方が早くなるとご指摘いただき修正しました。)

この順位は、調整前と変わりませんが「通常のウォンド」と「S4:短杖強打」の速度が底上げされて、ラヴィスとの差が縮まりますよ〜という調整。

ちなみに、今回はヒットストップなどの調整はなく、単純に速度のみの調整となるそうです。速度が上がることで、単純にDPSも上がるので強くなりますね!

ラヴィスの速度が突き抜けていたので、これでウォンドという武器にも選択肢が増えることに期待です^^

ブレイバーの調整

ブレイバーの調整内容です。

主にバレットボウの調整となっており、項目が多いです。ブレイバーの方は要チェック!

バレットボウ

調整される項目
マスターシュート ペネトレイトアロウ
トレイシャルアロウ グラビティポイント
ラストネメシス トリットシューター
トリットシューター零式 バニッシュアロウ

調整されるPAは合計8つ。多い・・・!

主に「攻撃中に旋回できるように調整」というのが目立ちます。全体的に動きやすくなりそうなので、より立ち回りやすくなりそうです^^

PA「マスターシュート」の調整

  • 攻撃中の旋回ができるように調整します。
  • 弾速を上方修正。
  • 誘導性を上方修正。
  • 移動を伴って攻撃した場合の無敵時間を上方修正。

PA「ペネトレイトアロウ」の調整

  • 攻撃中に旋回ができるように調整。
  • 移動を伴って攻撃した場合の無敵時間を上方修正。

PA「トレイシャルアロウ」の調整

  • 威力を上方修正。
  • 攻撃中に旋回ができるように調整。

PA「グラビティポイント」の調整

  • 攻撃中に旋回ができるように調整。

PA「ラストネメシス」の調整

  • JAタイミングとステップキャンセルタイミングを緩和。

PA「トリットシューター」の調整

  • 威力を上方修正。

PA「トリットシューター零式」の調整

  • 威力を上方修正。

PA「バニッシュアロウ」の調整

  • 攻撃中に旋回ができるよう調整。
  • チャージしていない場合の弾速を上方修正。
  • 移動を伴って攻撃した場合の無敵時間を上方修正。

その他のPA

以下のPAにおいて、レベル1〜16の威力を上方修正。

対象となるPA(カタナのみ)
ツキミサザンカ ゲッカザクロ
サクラエンド ヒエンツバキ
アサギリレンダン シュンカシュンラン
カザンナデシコ

バウンサーの調整

バウンサーの調整内容は少なめです〜。

デュアルブレード

調整される項目
ヘブンリーカイト ケストレルランページ零式

デュアルブレードで調整されるPAは2つだけですが「ケストレルランページ零式」は火力面では主力PAだと思うので、速度が上がることで使いやすくDPSアップにも繋がりますね^^

PA「ヘブンリーカイト」の調整

  • JAタイミングを緩和。

PA「ケストレルランページ零式」の調整

  • モーション速度を上方修正。

その他のPA

以下のPAにおいて、レベル1〜16の威力を上方修正。

対象となるPA
デュアルブレードPA
ディストラクトウィング ヘブンリーカイト
スターリングフォール ケストレルランページ
ケストレルランページ零式 イモータルダーヴ
ジェットブーツPA
ストライクガスト グランウェイヴ

ヒーローの調整

ヒーローの調整内容です。今回のバランス調整の中で一番調整項目が多いクラスです!

全ての「武器切り替え攻撃」の威力上方修正に加え、特にタリスの使い勝手が大幅によくなりそうな内容になっています^^

ヒーローソード

調整される項目
ライジングスラッシュ フラッシュオブトリック
ヴェイパーオブバレット

ソードは「武器切り替え攻撃」の上方修正に加え「ライジングスラッシュ」の威力も上方修正されます!

ライジングにおいては「威力配分の調整」とありますが、これは長押しによる3段階攻撃のごとの威力を配分調整するということですね。

2段目の通称「ライジングブンブン」など、使いどころによっては強いですが威力面では心もとなかったので使いやすくなるかもしれませんね^^

PA「ライジングスラッシュ」の調整

  • 威力を上方修正。
  • 威力分配を調整。

PA「フラッシュオブトリック」の調整

  • 武器切り替え攻撃の威力を上方修正。

PA「ヴェイパーオブバレット」の調整

  • 武器切り替え攻撃の威力を上方修正。

ヒーローツインマシンガン

調整される項目
ファイナルストーム セカンドオブエッジ
モーメントオブトリック

ツインマシンガンも「武器切り替え攻撃」の上方修正に加え、色々と使いやすくなりそうです!

特に「ファイナルストーム」の調整が氣になります。雑魚戦向けのPAではありましたが、これで突っ込めば大抵は被弾してブーストが解除されてしまうPAでしたのでw

攻撃範囲が広くなりガードポイント付きとなれば、活用できる場面も増えてくるかもしれません^^

PA「ファイナルストーム」の調整

  • 攻撃範囲を上方修正。
  • 発動時に全方向ガードポイントを追加。

PA「セカンドオブエッジ」の調整

  • 攻撃時に旋回ができるように調整。
  • 発動時に無敵時間を追加。
  • 武器切り替え攻撃の威力を上方修正。

PA「モーメントオブトリック」の調整

  • 威力を上方修正。
  • 武器切り替え攻撃の威力を上方修正。

ヒーロータリス

調整される項目
通常攻撃・ステップアタック 武器アクション
ヒーローカウンター ジェットホイール
ワイズハウンド ダイブオブバレット
レーサーオブエッジ

そしてタリスは多くの調整が入ります。威力、機動力、ジェットホイールの吸引力など、などかなり使いやすくなりそうです。

そして、タリスにも「武器切り替え攻撃」の威力の上方修正が入ります!

通常攻撃・ステップアタックの調整

  • 攻撃中に移動ができるように調整。

武器アクションの調整

  • 高速移動後に移動ができるように調整。

クラススキル「ヒーローカウンター」の調整

  • 威力を上方修正。
    ※タリスのカウンターのみ

PA「ジェットホイール」の調整

  • 吸い込み範囲を上方修正。
  • 発動時に移動できるように調整。

PA「ワイズハウンド」の調整

  • 威力を上方修正。

PA「ダイブオブバレット」の調整

  • 武器切り替え攻撃の威力を上方修正。

PA「レーサーオブエッジ」の調整

  • 武器切り替え攻撃の威力を上方修正。

テクニックの調整

各種テクニックの調整内容です〜。調整されるテクニックの種類が多いので、見やすく表にまとめました。

基本的には威力の上方修正となっています!

通常テクニック

以下のテクニックの威力を上方修正。
※一部はレベル16以下のみ威力上方修正。
※「ギ・メギド」のみ射程距離延長の調整あり。

対象となるテクニック
炎属性テクニック
フォイエ ギ・フォイエ
ラ・フォイエ ナ・フォイエ(Lv16以下のみ)
氷属性テクニック
バータ(Lv16以下のみ) ギ・バータ
ラ・バータ サ・バータ
零式ナ・バータ
雷属性テクニック
ゾンデ ギ・ゾンデ
ラ・ゾンデ サ・ゾンデ
ゾンディール ナ・ゾンデ
風属性テクニック
ギ・ザン ラ・ザン
サ・ザン イル・ザン
光属性テクニック
グランツ(Lv16以下のみ) ギ・グランツ
零式ギ・グランツ ナ・グランツ
イル・グランツ(Lv16以下のみ)
闇属性テクニック
メギド ギ・メギド(射程距離も延長)
サ・メギド(Lv16以下のみ) イル・メギド

複合テクニック

調整される項目
複合テクニックのゲージ バーランツィオン

複合テクニックに関してはゲージの溜まりやすさの改善と、「バーランツィオン」の性能改善となっています。

バーランツィオンは、発動してから攻撃受けてキャンセルされたり、移動に制限があったりしたので、使いやすくなりそうです^^

複合テクニックのゲージ調整

レベル81以上のエネミーにダメージを与えた際に溜まるゲージ量を上方修正。

「バーランツィオン」の調整

  • 発動時の無敵時間を延長。
  • 攻撃中に移動ができるように調整。

スキルリングの追加

新しく追加されるスキルリングは2種類です。

「L/AウォンドEチェンジ」に関しては補足も加えてあるので、よかったら参考にしてください^^

L/Aワイヤーモード

  • ワイヤードランスのホールドPAにおいて、エネミーを捕獲・捕縛せず攻撃するようになるリング。

L/AウォンドEチェンジ

ウォンドギアが溜まっている時、ウォンドの属性がチャージしたテクニックの属性(補助を除く)に変化するリング。
※テリトリーバースト対象のテクニックのチャージでは変化しない。

補足

似た効果のあるリングとして『L/ウォンドEチェンジ』があるのですが、混同してしまう方もいるかもしれないので、違いをみていきたいと思います!

まずは以下の比較表をご覧ください〜。

補助的テクニックによる属性変化の違い
補助テクニック ウォンドEチェンジ AウォンドEチェンジ
シフタ 変化しない すべて変化しない
デバンド
レスタ
アンティ
ゾンディール 変化する
ザンバース
メギバース

違いは、属性変化する補助テクニックとなります。

既存リングである「ウォンドEチェンジ」は

  • ゾンディール(雷)
  • ザンバース(風)
  • メギバース(闇)

の3種類は属性変化しましたが、新しいリングにおいては全て変化しなくなります。「テリトリーバースト対象のテクニック」とありますが、この7種類の補助テクニックが対象ということですね!

「なぜ2種類にするのか?」という話ですが、以前放送で発表された今後の方針にて「賛否がわかれる調整についてはリングで切り替えができるようにする」と言っていました。

今回のも、場合によっては属性が変化した方が使いやすい場合もあるので、既存リングを調整するのではなく、新しいリングを追加するという形をとったのだと思います!

最後に

以上、バランス調整のまとめでした!

今回の調整内容だけでも、かなり濃い内容ですよね。これに加えて、EP6の各種コンテンツや、システム部分の調整も同時に実装されるわけですから、4月24日はかなりのアップデート量になると思います・・・!

ちなみに、今回の調整で個人的に氣になっているのでは、

  • ハンター
  • ヒーロー
  • ウォンドの速度
  • テクニック

あたりですね!

最近はFi、Hr、Teが多くて、他のクラスはあまり遊んでいないので、やっぱり触ることの多いクラスが氣になりますw

「どれほど威力が上がるか」「体感的にどうか」という部分に関しては、実際に調整されてみないと分からないですが、とても楽しみです!

盛り沢山な調整内容ですが、これも4月24日のアップデート内容のほんの一部。全体の詳しいアップデート内容に関しては、また別記事にまとめたいと思います^^ノシ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。