攻略

紅葉NTシリーズの性能チェック!

1月10日に実装された期間限定クエスト『逢魔に誘う幻惑の森』にて落ちる★13武器『紅葉NTシリーズ』が実装されましたね!

このシリーズは、エクストリームで手に入る『魔石』系のアイテムで交換できる武器なのですが、新世武器としてリニューアルされました。S級特殊能力(以下SOP)にも対応していて『バルシリーズ』や『アトラシリーズ』同様に、SOPの組み合わせによってオリジナリティーを持たせることが出来る武器となっています。

そんな『紅葉NTシリーズ』の性能を、いつも通りチェックしていきます^^

紅葉NTシリーズの性能

まずは攻撃ステータスをチェック!

いつも通りソードで、他の主要シリーズと比較してみます^^
  • アトラファーダ:打撃1958(★14)
  • スレイヴキャリバーNT:打撃1810
  • ネメシスキャリバーNT:打撃1802
  • 紅葉姫-NT:打撃1794
  • バルファーダ:打撃1695
  • クリファドキャリバー:打撃:1663
※強化+35の数値となります。

攻撃ステだけなら、若干足りないものの『スレイヴNT』や『ネメシスNT』に迫る数値を誇ります。★13の中では、高めの部類ですね^^

潜在能力

【天照大日霊】
  • Lv1:威力が6%上昇。天候が晴れの時、さらに3%の威力上昇を追加。
  • Lv2:威力が7%上昇。天候が晴れの時、さらに3%の威力上昇を追加。
  • Lv3:威力が10%上昇。天候が晴れの時、さらに3%の威力上昇を追加。
基本的には10%の威力上昇ですが、フィールドの天候が『晴れ』の時に限り、さらに3%上昇が追加されます!やっぱりSOP対応ということで、上昇量は控えめに設定されている感じですね〜。
注意したいのは、天候変化が設定されていないフィールドでは追加威力上昇は適用されない、ということでしょうか。
攻略wikiで調べてみましたが、
  • 日本近海(ヤマト)
  • ロンドン(ファレグ戦)
  • アースガイド地下本部
  • 世界樹(デウス)
  • 月面・幻創の柱(マザー)
  • クエント城跡(邪竜)
  • 幻惑の森
  • アークスシップ残骸・甲板(エルダー)
  • マザーシップ内部(いざない、ルーサー)
  • 壊世の果て(徒花のダブル戦)
  • 揚陸艇(徒花の深淵戦)
  • パラレルエリア
  • VR空間(エクストリーム)
では、適用されないっぽいです。
大雑把にですが、
  • レイドボスのフィールド
  • エクストリーム
  • パラレルエリア
  • 一部ストーリークエスト

では適用されない、と覚えると分かりやすいですね!

幻惑の森に関しては実装されたばかりなので、まだ天候変化が確認されていない、もしくはまだ攻略wikiに記載されていないだけの可能性もあります。
wikiでも、ちょっと曖昧な部分がありますので、参考程度に見てもらえたらと思います〜。

SOP対応

冒頭で紹介してした通り、SOPにも対応しています!

Sスロット『S1』『S2』『S3』に対応していますので、3種のSOPを付与することが可能です。幻惑の森では、新しいSOPが6種類実装されたので、さらに選択肢が増えてますね!

特殊能力因子

特殊能力因子は『ステータスⅤ』系となっています。

  • 打撃武器なら『パワーⅤ』
  • 射撃武器なら『シュートⅤ』
  • 法撃武器なら『テクニックⅤ』
と、なっておりまして、SOPではありませんでした〜。
「なんだ、ステⅤかぁ」という声も聞こえてきそうですがw SOP対応武器には多スロに拡張しやすいというアドバンテージがありますので、多スロに付与させやすい因子として、十分使えるのではないかなと思います!
そういう意味では、7スロ〜8スロ向けな氣がします。6スロ以下で素材として使うなら、ヤマト武器因子のステⅥを使う方が良さそうな感じです。
ただ、ドロップ限定ということもあって、+35まで強化する難しさはありますねw

威力の比較

そして、他の主要★13武器と威力を比較します!交換で入手可能な★14『アトラシリーズ』と、今年からバッヂで交換可能となった『レイシリーズ』とそのアップグレード版である『ユニオンシリーズ』も比較に加えました!
他の★14武器は、武器種ごとに全く違う持ち味を持ったものが多く『〇〇シリーズ』みたいに全武器種が揃っているわけではないので、比較対象からは外しています。
比較する上での、武器の設定は以下のようになっています^^
  • 武器種はソード
  • SOP対応は150盛で『S1:剛撃の志』と『S3:剛撃の志』を付与
  • それ以外のSOP非対応武器は200盛に設定
SOP対応武器に関してですが、150盛なのはSOPを付与させた分ステータスを盛るOPが少なくなる為ですね〜。150という数値は4スロ分で盛れる最大の数値ということで150盛りにしています。
例えば、
  • アストラル・ソール or ジ・ソール系で+35
  • エーテル・ファクター or モデュ or トリプルで+30
  • ステータスⅥ系で+45
  • エレガント系で+40
これで、150盛りとなります。
SOP対応武器は多スロで作ることが、非対応の物よりは簡単になっていますので、4スロ分が妥当かなと思い、この様に設定してみました。
『剛撃の志』(威力2%上昇)を2つ付与させているのは、SOPを付けることが前提の仕様上、一番使われることの多そうな汎用性のある威力SOPとしてチョイスしています!
以上を踏まえて、レッツ比較!

赤枠が『紅葉NTシリーズ』となります。

天候が晴れの時と、そうでない時、2バージョン用意しています。まず晴れでない時は『ディトネション』を超え『クリファド200盛』に若干及ばないものの、ほぼ同じくらいの威力になりました!

そして、晴れの『3%の威力上昇』が追加された状態では、『バジリス』と『ネメシス』のちょうど間くらいですね〜。

うーん、ドロップ限定としては、ちょっと微妙な威力でしょうか・・・?そんなわけで、もう一つ比較例を出したいとおもいますw

紅葉NTのみ『S1:剛撃の志』(2%上昇)を『S1諸刃の撃』(4%上昇、被ダメも8%上昇)に変えてみました!

これにより

  • S1:諸刃の撃
  • S3:剛撃の志
で約6%の威力上昇になるのですが、その結果

ジャーン!

晴れの時は『スレイヴNT』の威力を超えました!非晴れの状態でも、因子込みのバジリスに迫る威力となっています^^

被ダメが増えるので、リスキーな構成になりますが、これなら中々の威力ではないでしょうか〜。

ちなみに『レイシリーズ』は、今回の比較の中では最低力となりましたw

入手方法

現時点では、期間限定クエスト『逢魔に誘う幻惑の森』での、直ドロのみとなっています。バルシリーズみたいにマイショップで購入もできないので、こればかりは、ひたすら掘りに行くしかないですね〜w

ちなみにトリガーでは、確定でレアマップになり、レアエネミーMr.ボワンも確定で出現するので、フレンドでトリガーを持ち寄ってトリガー連するのも良いですね^^

最後に

『バルシリーズ』と『アトラシリーズ』に続き、3つ目のSOP対応武器の『紅葉NTシリーズ』ですが、これ見た目も良いですよね!和風好きにはたまらないデザインではないでしょうか^^
性能的にも、ちゃんとSOPを付ければ強くなりますし、SOP自体も今後増えて行くと思われるので、これもアトラ同様に伸び代のある武器となりそうです。
問題は、直ドロ限定ということもあり、属性強化が難航しそうことw もし『幻惑の森』の期間中に揃わなければ、同カテゴリーの不要な★13武器を素材にして強化するのが良いかもしれません〜。
自分は、SOP素材と★14目当てに『幻惑の森』にレア掘りして、紅葉NTは使えそうな武器種が出れば強化しようかな、という風に氣軽にやっております^^
皆さんも、根詰めすぎず『幻惑の森』を楽しんで行きましょー!
以上、紅葉NTシリーズの性能チェック!でした!ノシ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。