攻略

リュミホーレーの性能チェック!

今朝、予告緊急のトリトリ行ったら、ワァーイ!ついに新武器『リュミホーレー』が落ちました!

強化最大値は33で、なんと8スロです!OPは・・・。マーク・グリフ付きで、カッチカチでしたw さて、巷では、微妙と噂されているリュミホーレーさんですが、その性能を見ていきたいと思います〜。

潜在能力

【縛刻の闇術】
Lv3:ナ・メギドを除く闇属性テクニックのチャージ時間(50%)増加、威力が(30%)上昇

威力上昇が30%と、すごく高いのですが
ナ・メギド以外の闇テクニック限定の上、チャージ時間が50%も増えてしまいます。
正直な感想を言うと、「イマイチ!」ですw

チャージ時間が50%増しという事は、リュミホーレーで2発の闇テクを撃っている間に、他の武器なら3発撃てるんですよねー。だとすると、威力上昇30%だとしても他の武器より時間的な総ダメは劣るのでは??

と思い、単純にですが計算してみました!

例えば、メギド1発で100のダメージが出せると仮定します。リュミホーレーで撃てば、30%の威力上昇で130として、これを2発撃って260のダメージです。これを、他の武器でやると同じ時間に3発撃てるので、威力上昇のない武器でも、100×3=300のダメージに!

威力上昇なしでこの差です。仮に威力上昇12%にすると、総ダメ336になり、さらに差が広がってしまいます。これを万単位の与ダメに置き換えると以下のように!

  • リュミホーレー:26000
  • 威力上昇12%武器:33600

この差はかなり大きいのではないでしょうかw

ただ、逆に撃つ回数が少ない分、PP効率が少し良くなるメリットもあります。テク1発分のPP消費というのは、結構大きいですからね!しかし、それでも、デメリット方がはるかに勝ってるように思えます^^;

特殊能力因子

【フレイズ・リデュース】

こちらは、バレッドクナイと同じで、PPの消費量が4%減少します!先ほど、「PP効率がよくなる」と書きましたが、そこにこの因子!捉え方によっては、リュミホーレーは威力を抑えたPP効率特化の武器みたいな感じでしょうか?

相性のよい武器

そしてこの『フレイズ・リデュース』の使い道ですが、一例として『D-A.I.S系武器のエーテル潜在』や『ステルクシュタヤー』などと相性が良いです。

D-A.I.S系武器のエーテル潜在
【錬成練化】

特殊能力数に応じて威力が上昇しPP消費量が減少する。
(Lv3で特殊能力数×1.625%(威力)・2.5%(PP消費量))

ステルクシュタヤーの潜在

【光子の器】
Lv3:PPの回復性能が20%上昇、PPの消費量が20%減少。

潜在能力でPP消費量を抑えた上に、フレイズリデュース!こういう特化型はなんだかロマンを感じますw

まとめ

リュミホーレーは一見、威力上昇30%と強そうに見えますが、実際は、チャージ時間増加によって時間的な総ダメージは低くなる結果になりました。しかもナ・メギドを除いた闇テクのみで、とても使いにくいです^^;

因子はというと、フレイズ・リデュースのみで使っても効果が薄いのですが、武器の潜在能力と合わせて、相乗効果を狙うのが良いのではないかなと思います!

武器としては扱いにくいですが、因子が欲しいのであれば、今はかなり安くなってきているので、チャンスかもしれません^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。