アップデート

25日に来るバランス調整第2弾まとめ

どうも、ジェンクです。25日に来るクラスのバランス調整をまとめました^^

先月は、大きなバランス調整が施され通常クラスがかなり上方修正されましたね!スキル関連、戦闘時の挙動、PA関連など多くの調整がされましたが、ヒーロー最強!という状態から、通常クラスに選択肢が広がったので、個人的には、良い調整だったかなと思っています。Hrの登場といい、前回のバランス調整といい、ゲーム内環境の変化が最近は本当に激しいですw

そして、今回のはそれに続く、第2弾のバランス調整となります。

調整の概要

概要はこんな感じ!上の表にはありませんが、ムービーを見たところ、ハンターのソードPA『クルーエルスロー』も上方修正されるそうです。前回の調整が大規模だったので控えめな印象ですが、その詳細は以下のようになっています。

スタンスのパッシブ化

スタンス系スキルの調整です!

スタンスを使うクラスは、2つのスタンスを持っていますが、主力となる方をパッシブ化(サブパレットに入れて発動する必要がない)してもう片方に切り替えスイッチのような役割を持たせるってことですね!

これにより、サブパレットが1枠空くことになります^^

アクティブスキルのモーション


そして、アクティブスキルの発動モーションの廃止です。

『ガッツポーズ』はたまた『ガッポ』とも呼ばれたりもしますが、この調整により、スキルを効率よく発動することができるようになります。既にHrやGuでは、モーションなしで発動できるスキルがありますが、走りながら発動もできるし、使いやすいですよね!

『ウォークライ』、『リミットブレイク』、『フォトンフレア』。これらに関しては、モーション無しとまではいかないものの、高速化されるようです〜。

テクターのスキル


そして、テクターのスキル、『エレメントウィークヒット』が上方修正。今までは弱点属性での攻撃時のみに20%ダメージが上昇するスキルでしたが、この調整で、弱点属性でなくても10%上昇するようになります。

これにより若干ですが、武器やテクニックが扱いやすくなりますね。ちなみに、このスキルはテクニックと武器属性、両方に適用されます!

BrとBoのスキル


そして、ブレイバーとバウンサーのマグスキルの調整。今回、これが1番影響力のある調整になるのではないでしょうか!

このスキルは、マグの技量ステータスを、ブレイバーなら打撃と射撃に、バウンサーなら打撃と法撃にステータスを加算するスキルなのですが、今までは最大変換率50%でした。

例えば、ブレイバーを例にした場合、技量200の、技量特化マグを装備した場合、スキルLv最大(5Lv)で以下のようになります。

調整前
  • 打撃100
  • 射撃100(Boなら法撃)
  • 技量200

調整前

  • 打撃200
  • 射撃200(Boなら法撃)
  • 技量200

これは強い!しかも最大Lv5→初期取得スキルになります。変換率と表現していますが、技量もそのまま加算されます。

技量は与えるダメージの振れ幅を少なくしてくれて、逆に受けるダメージの振れ幅は大きくしてくれます。(受けるダメージの下限が広がる)

この調整によって、打撃&射撃の両立ブレイバー打撃&法撃の両立バウンサーがやりやすくなりますね!メインクラスにしてる人にとっては、とても嬉しい調整ではないでしょうか^^

ちなみに過去記事にて、技量マグを簡単にすぐ作れる方法を紹介しているので、これから作るという方は参考にしてみてください^^

技量特化マグを簡単に作る方法今月、10月25日には通常クラスのバランス調整第2弾がきますね! スタンス系の一部がパッシブ化されたり、アクティブスキルの発動モー...

クルーエルクロー

そして最後に、公式の「託されし巨なる力」紹介ムービ Part2にて、しれっと紹介されていた、ハンターのソードPA『クルーエルクロー』です。あまり使ったことないのですが、エネミーを突き刺してから投げつけるPAです!

こちら、突き刺しのダメージ比較。そこそこの威力アップでしょうか??


そして、こっちが投げです。対象エネミーをなぜ投げられないゼッシュレイダにしたのか謎ですがw 調整後は2段ヒットしてますね!しかも、桁違いのダメージが出てます!

モーション的に使えるかは微妙なPAかもしれませんが、今まで全く使われなくなってたPAの救済的な修正でしょうか。ハンター使う方は、調整後に試してみてください〜。

以上、25日に来るバランス調整のまとめでした!

スタンスのパッシブ化や、発動モーションがなくなることで、立ち回りもしやすくなりそうなので、楽しみですね^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。